安全に登山を楽しむために -コロナ禍の救助活動の現場から-

今年は、新型コロナ感染拡大に伴う登山自粛、都道府県を跨ぐ移動自粛など、登山界においても感染拡大防止に取り組んできた年になりました。各自粛要請が解除された後も、行政、関係団体、山小屋、登山者において様々な対策を講じ、新しい視点からの登山の意識や登山スタイルが模索されています。このような中で、夏以降、多くの登山者を迎える山域も見られるようになり、遭難事故も増える状況となっています。 今回の山岳遭難防止講習会「安全に登山を楽しむために -コロナ禍の救助活動の現場から-」では、コロナ禍における登山の現状、山岳遭難救助活動における新型コロナウイルス感染防止対策の現場の事例などから、登山者が注意しなければならないポイントについて、長野県警察山岳遭難救助隊にお話をしていただきます。

開催要領

開催日時:2020年11月24日(火)19時00分~20時45分(受付18時30分より) 新型コロナの全国的な感染拡大のため、中止いたします。


テーマ :安全に登山を楽しむために -コロナ禍の救助活動の現場から-
講師  :長野県警察山岳遭難救助隊
開催場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟401号室
東京都渋谷区代々木神園町3-1 小田急線「参宮橋駅」から徒歩7分
https://nyc.niye.go.jp/train/
※ 感染症対策で三密を避けるため大き目の会場を用意しています。
対象者 :どなたでも受講できます。
定員  :50名(申込先着順とさせていただきます)
参加費 :無料
主催  :公益社団法人東京都山岳連盟 遭難対策委員会

申込方法:2020年11月20日(金)までに、Eメールにて、東京都山岳連盟事務局宛に お送りください。
件名  〝山岳遭難防止講習会〟
本文  ①お名前(フリガナ)
            ②電話番号(日中連絡が取れる番号 ※終了後の感染対策の為)
            送付先 koshu@togakuren.com

※事務局よりの参加受付メールをもって申込完了とします。
(受付メールが届くまで数日かかる場合があります。)
※入力された情報は受付時の確認および感染拡大防止のため使用します。
   講習会終了後14日経過の後に破棄します。

都岳連では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めています。
以下の「受講を申込む皆様へ」を必ずご覧になりお申込み下さい。
また、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、主催者の判断で中止になる場合があります。


受講を申込まれる皆様へ
1.参加者が以下の事項に該当する場合は、参加を見合わせてください。
  ア 体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合)。 受付では、検温します。37.5℃以上の場合は、参加をお断りいたします。
 イ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合。
 ウ 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航、又は当該在住者 との濃厚接触がある場合。
2.マスクを持参してください(参加受付時や受講している時、会話をする際にはマスクを着用すること)。
3.こまめな手洗い等による手指消毒を実施してください。
4.他の参加者、主催者スタッフ等との距離(できるだけ2m以上)を確保してください(障がい者の誘導や介助を行う場合を除く)。
5.受講中に大きな声で会話等をしないでください。
6.感染防止のために主催者が決めたその他の措置の遵守、主催者の指示に従うことをお願いします。
7.イベント終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかにご連絡してください。(東京都山岳連盟 TEL 03-3526-2550)