東京都山岳連盟(以下、都岳連)では、山に親しみたい初心者の方を対象に、夏の山から冬の雪山稜線まで、安全に楽しく山登りをしていただくために、「都岳連・登山学校マウンテンスクール」を開講しています。
これまでに山には登ってみたいが、技術的・精神的に不安で登る機会もなかった、まったくの初心者の方にもご参加いただけます。高山植物が咲き乱れる山から、厳しい厳冬の雪の稜線登山までのノウハウを学び、体験していただくことができます。
また、全期(夏・秋・冬・春期)を終了された方には、都岳連会長より修了証を授与し、記念品を贈呈します。

主催:安全登山教室委員会
チーフリーダー:松元 邦夫
サブリーダー:千石 亮一
マネージャー:篠原 清子

令和2年度 年間予定
詳しい案内書はこちらです
秋山編申込書はこちらです
カリキュラムはこちらです

項 目 日  程 受 付
第1期 夏山編 2020年 6月1日(月)〜 8月23日(日) 中止
第2期 秋山編 2020年 9月2日(水)〜 11月8日(日) 募集中
第3期 冬山編 2020年 11月19日(木)〜 2021年2月14日 準備中
第4期 春山編 2021年 3月3日(水)〜 5月23日(日) 準備中

※詳細は各編のリンクをクリックしてください。

第1期 夏山編  募集中止

6月13日(土)
~14日(日)
八ヶ岳(赤岳・中岳・阿弥陀岳)
7月11日(土)
~12日(日)
南アルプス 日本第2位の 北岳
8月1日(土)
 ~2日(日)
北アルプス 白馬岳 
8月21日(金)
 ~23日(日)
オプション
北アルプス 燕岳~大天井岳~常念岳


第2期 秋山編
  募集中

9月12日(土)
~13日(日)
中央アルプスの名峰  木曽駒が岳・宝剣岳
10月2日(金)
 ~4日(日)
北アルプス 日本第5位の高峰 槍ヶ岳
11月7日(土)
 ~8日(日)
幕山・天城山


第3期 冬山編
  準備中

12月19日(土)
~20日(日)
後立山が一望出来る 八方尾根
1月16日(土)
~17日(日)
谷川岳(雪上訓練) 雪洞ビバーク(希望者のみ)
2月13日(土)
~14日(日)
樹氷の中を歩く 北八ヶ岳

第4期 春山編  準備中

3月27日(土)~28日(日) 八ヶ岳 天狗岳
4月17日(土)~18日(日) 残雪と秘湯の 那須連峰
5月22日(土)~23日(日) こぶし・しゃくなげの花咲く 谷川連峰・赤城山
3月28日(日)
オプション
地図読み山行
初心者のための登山学校「マウンテンスクール」のモットー

私たち講師は常に次のことを念頭に入れスクールの運営に努めています。

  • 道迷いしないように山を案内いたします
  • しっかりした技術を指導いたします
  • 皆さんの安全を確実に確保いたします
  • 山登りを好きになってもらい、生涯の趣味として続けてもらえるようにお手伝いいたします
  • 山での自然環境を学んでいただきます

チーフリーダー 松元邦夫

当スクールは次の方を対象としています

  • これから登山を始める方
  • 書籍やネットで知識・装備を調べたが、なかなか学べない初心者の方
  • 低山ハイキングからアルプス等の3000m級へステップアップしたい方
  • 年間を通じて山登りを楽しみたいので雪のある山へ挑戦したい方
  • 山登りを一緒に楽しめる友達と出会いたい方

登山知識を学ぶこと

必要な服装や装備と正しい使い方

一言で「装備」といっても登山に使われる装備は多種多様です。安全を確保するために絶対に必要な装備の正しい使い方と、より快適な登山を行うための服装などを学びます。

季節に応じた登山知識

夏季における山道の歩き方、ルートの選定方法や歩く速度について学びます。
遭難原因の多くが道迷いから始まります。地形図から正しいルートの判断ができるよう地図読みを学びます。

夏季のトラブルで深刻な状況に陥りやすい熱中症や脱水症の予防と対処方法を学びます。簡単に救急車を呼べない山中では予防が最も大切なことです。机上講習で学びます。

登山中には多くの危険箇所が存在します。状況に応じて安全な通過方法を学びます。

「いざ」という時の対処法

登山中、特に3000m級の山岳地帯では急な天候悪化への対処は必須です。悪天候を避けるのはもちろんですが、やむを得ず悪天候に遭遇した場合の対処方法を含めて学びます。

捻挫、体調不良、登山用具のトラブル等々、こうした問題への準備や対処方を学びます。

本来は緊急事態になる前に対処すべきですが、不運にも対処が必要になった場合の正しい緊急避難方法を学びます。

山の楽しみ方

一人で気楽に山を楽しむのも「あり」ですが、安全面においてやはりパーティーを組むのが望ましいのも事実です。仲間と登る登山の楽しみにぜひふれてみてください。

高山植物のお花畑や連なる峰々、また高山特有の雰囲気。ぜひ体験してみてください。

山の楽しみをしっかり伝えることも当スクールの重要な役割だと考えています。登山への入り口を私たちがサポートいたします。

安全の確保について

実技講習では安全を確保するため、講師は全員ロープ、ツエルト、ハーネス、ガスバーナー、ファーストエイド等を所持し、 必要に応じて固定ロープを設置する等、万全の安全体制を整えています。
悪天候やルートの状況によっては途中で下山の判断をする場合があります。講習中は講師の指示に従いますようご協力ください。

「チョイス山行」制度について

実技山行を選んで参加することができる「チョイス山行」制度を実施しています。
登山学校マウンテンスクールに入校しなくても、行きたい山を個々に選んでご参加いただけます。また、机上講習も受講可能です。
ただし、チョイス山行の場合は受講料が割高になり、都岳連会長からの修了書と記念品をお渡しできません。

新型コロナウイルス感染症対策について

今年度は「都岳連業務・事業の推進等について」を元に、机上、実技とも十分な感染症対策の下で開催します。

机上講習での対策

  •  講師及びスタッフは、手指等を十分に消毒し、マスクを着用します。
  •  研修室の机等を消毒します。
  •  机上受付時に、スタッフによる検温と体調チェックを行います。以下に該当する場合は、参加をお断りすることがあります。
    • いつもより熱っぽい感じがする、または37.5℃以上ある。
    • 体調がよくない (例:発熱・咳・咽頭痛・倦怠感などの症状がある)。
    • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる。
    • 過去14日以内に政府から入国制限や入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航、又は当該地在住者 との濃厚接触がある。
  • 会場はいつもより広い研修室を予約します(申請中)。
  • 机は、3座席を一人で座っていただきます。
  • 窓を開放して換気を行います。

実技講習での対策

  • 集合時、山小屋入館時、2日目以降の出発時に検温、体調チェックを行います。集合時に体調が悪い(上記参照)場合は、参加をお断りする場合があります。
  • バス使用時は、2座席で一人が座るようにして対人距離を確保します。
  • 講習中に体調が悪化した場合は、講習参加の継続を中止し下山をお願いする場合があります。その際は、下山口までスタッフが同行いたします。
  • 山小屋入館時・入館中に体調が悪化した場合は、別室やテントでの宿泊(隔離)が求められる場合がありますので予めご了承ください。また、山小屋の感染症対策ガイドライン等により、同意のうえで保健所への通報が為される場合があります。
  • 上記のような体調不良により参加ができなくなった場合は、該当する受講料、保険料、振込手数料、使用済み経費などを考慮のうえ返金を行います。

実技講習でのお願い

  • マスクを持参してください。行動中、対人距離を十分に取れない場合は着用してください。
  • こまめな手洗い、アルコールシート等による手指消毒を実施してください
  • 他の参加者、主催者スタッフ等との距離はできるだけ2m以上を確保してください。
  • 受講中に大きな声で会話等をしないでください。
  • 咳エチケットにご留意ください。
  • 感染防止のため宿泊する山小屋や主催者が決めた感染防止の対策、その他の措置を遵守、指示に従うことをお願いします。

机上講習、実技講習とも終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、チーフリーダー(松元)またはマネージャー(篠原)に速やかに報告してください。その場合、都岳連は個人情報や参加に関する情報を厳に保護し、秘密を厳守いたします。