令和2年 都岳連シンポジウムのご案内

令和2年1月吉日
公益社団法人東京都山岳連盟                       会長 松本 敏

令和2年 都岳連シンポジウムのご案内
これでいいのか都岳連? どうする都岳連?

寒冷の候、皆様にはご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。日頃の都岳連の事業の推進に対するご支援に感謝申し上げます。
既報の通り、平成30年度の決算は500万円を越える黒字決算と報告されましたが、実際には600万円近い赤字であったことが判明しました。赤字から脱却するための財政再建が当面の最大の課題となります。
私どもはこうした状況を踏まえ、以下により「都岳連シンポジウム」を開催することとなりました。つきましては、加盟団体と個人会員の皆様にもご参加いただき、岳連のよりよい在り方等について示唆を得る機会としたいと思います。
ご多用の折、恐縮ではございますがご出席をよろしくお願い申し上げます。

1. 期日  令和2年2月29日(土)
受付   13:15~
シンポジウム 13:30~16:30
(1)特別講演
   奥多摩の現状について
   =登山者、登山道、山岳事故etc.=
   金 邦夫(元青梅警察署山岳救助体副隊長)
(2)グループ別協議、全体協議
 H30年度決算問題:課題と対策
懇親会    17:00~18:00

2.会場   NATULUCK神田北口駅前店 3階大会議室
       千代田区神田鍛冶町3-3-3 高遠ビル3階  
       (JR神田駅北口より130m)

https://www.kaigishitu.com/detail/13391/

3.都岳連連絡先(事前申込みを受け付けます)                       
  電話 03-3526-2550 メール koshu@togakuren.com 

件名を「都岳連シンポジウム申込み」として、お申込み下さい。 

※懇親会は都岳連事務所にて行います。会費1,000円は当日頂きます。